Nebelstern’s MoNo

ヴァナ・ディールという厳しい社会にのんびりがんばる召喚士― たまにはこんな人もいていいのでは!?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

神威

メールの設定も無事終わり、やっと更新できるようになったぞおお!(ホント)
ということで、近況報告。

[神威]の続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2006/03/29(水) 07:27:55|
  2. FF11:クエスト編
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

The Secrets of Worship

プロマシアミッション「礼拝の意味」に挑戦!!

1時間ほどジュノでシャウトして2PTほど集め、いざ礼拝堂へ!
ちなみにPTは

第1PT
召(私) 赤黒黒黒ナ
第2PT
召忍黒黒赤忍

と、こんな編成に。

今までのディアボロスや応龍などに比べればBCないだけ楽と聞いたんで余裕だと思ったんだけど・・・

フォモルがものすごく厄介;;

視線がなければよかったんだろけど、いやぁPTの人の中にサブリガ取っていた人がいたので、スニークとかを使いながら強引に行くことにw

しかしコースのNMはすんなり倒せたし、鍵のタイミングも抜群によく、さらに1PT途中参加してきたので、テンポよく進むことができて無事クリア!

アル・タユまでまだまだ遠いものの・・・これからもこうやってテンポよく進めればと願いたいものであるw
  1. 2006/03/14(火) 14:57:38|
  2. FF11:ミッション編
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ポーション

先日、最近発売したドリンク、ポーションを買ってみた。

始め、ジュース感覚で飲んでみたところあまりの想像とは違う個性的な味に驚いたものの、どちらかといえばジュースよりも私がよく愛用しているリポビタンなどのドリンクに味が近いのですぐに慣れ、ハマってしまいました・・・
限定版も早速1個入手!
通常版、限定版ともに青色のビンはとても綺麗な感じの仕上がりで素敵な感じですw


でもって、ちまたで流行っているポーションを早速FF11内でも作成し売り歩くことに―
ポーションは消耗品で序盤の回復に便利なのか結構売れ行きはよく、バイトに行くために数時間電源つけっぱなしで放置しておいたところ戻ってきたときには完売!

買ってくれた人はありがとう!

しかし・・・ふと思う

ポーションのレシピ

水のクリスタル
セージ(香辛料植物)
蒸留水
トカゲの尻尾


いゃあ、現実のポーションにもセージは使われているし水も使われているけど、トカゲの尻尾が使われていなくてよかったぁ!

当たり前なんだけど・・・やっぱり考えてしまうのであった。
  1. 2006/03/12(日) 16:00:49|
  2. ゲーム(FF11以外)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

もう、食えねーよ。

めずらしく! FF以外のことを書くなぁ・・・

自分に感心していても始まらないので話しを進める事に・・・

昨日、ちょっと用事があったのでこれまためずらしく中学時代の友達と立川方面(ローカルなネタで申し訳ない)へ――
そのとき、ちょうど昼時で昼飯を食べてなかったのでその友達と通称「スタ丼(ホントの店の名前忘れた)というところで食うことになった。

店内に入り、値段を見ると大体450~750円くらいの食べ物が目立つ・・・安い!
安い事はとても嬉しい事w 特にいつぞや行った秋葉原の冒険で私の財布は漫画を買う余裕くらいしかほとんど余裕なんてなかったのだ;;
おっ、しかも平日のランチは丼物に味噌汁と餃子とサラダがついて650円とは安い!! 普通に丼物を単品で買うよりもお得じゃないか! よしっ、これに決めた!

これがいけなかった・・・

ものすごい、ボリュームなのである。

なみなみと盛られた生姜焼き丼! 普段の1日分くらいの量なのである!!

よくよく考えてみれば・・・私は松屋のミニ豚丼ですらやっとこやっとこだったのを値段の安さですっかり忘れてた;;

650円を無駄にするわけにはいかないので生姜焼き丼と味噌汁とサラダは食べたものの餃子を食べることができず、結局餃子をすべて友人にプレゼントする羽目に・・・

テレビで「ご利用は計画的に」という文句をよく耳にするけど、それは自分にも言える事かもしれない・・・とても宣伝が耳に痛い一日であった・・・
  1. 2006/03/11(土) 10:58:12|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

死ぬ気になればできるもんだ ~Nebelsternの戦い Vol3~

FFをはじめて1年以上―

金策と寝落ちという戦いは終わることなく今に至る・・・(金策はともかく寝落ちは何とかしなくちゃいけないよね・・・)

さて、この1年以上にわたるヴァナ・ディールライフ最大の戦いが英語

文化の壁との戦いであった。

私は中学生の頃からずっと英語が苦手でテストで50点以上なんて取ったことは一度もなく、常に最下位争いを展開していたほどだ。

英語をやるくらいなら日本から一生でない!

こんなわけもわからない迷言を残したほどだ。

そんな私がFFを始める前に、すでにやっていた友人から外国人がいて普通に英語が飛び交っていると聞いた。
しかし日本のゲームだしたまに英語が飛び交う程度なんだろうからそのときはそのときで無視をすれば問題ないだろう・・・そう思っていた。

しかし、考えが甘かった・・・

街では英語が頻繁に飛び交い、いきなり外人が話し掛けてくる日々・・・

教育番組の英語講座とかで、いきなり話し掛けられてオロオロしている日本人そのものであった。

外人に混じってPTに入っても、あっちは楽しそうにしゃべっていてもこっちは何を言っているのかもわからずつまらない。それで済めばいいものの、こっちの要求は伝えられず不満が残るだけの毎日を送っていた。

そんなある日、気さくに話し掛けてきた(ように見えたが実際は分からない)外人について行って、いきなり強い敵がウジャウジャいる場所に置いていかれた事件が起きた。

今でも何で置いていかれたのかはよく分からないが、もし話し掛けてきたときに内容が理解できていれば・・・という妙な後悔が残ったのだ。

次の日、早速本屋へ行きFFで使う英語の本を買い、その中にある言葉を使って外人にコンタクトを取ってみると―

おお、通じる!!

これが非常にうれしかった!英語も悪くないと思った瞬間だった。

その後、私は普通に会話もしてみようと何冊か英語の本を買い向こうの会話も聞けるようにキーボードの隣に辞書を置くようにしてみた。

すると、数年間新品の状態を保ったままだった辞書は1ヶ月弱でボロボロになり、英会話の本には大量のふせんが・・・自分でも信じられない光景であった。


現在、辞書は電子辞書になり英会話の本がなくても普通にコンタクトを取れるようになった私。

人間死ぬ気になればできるんだな・・・と今は思う。
  1. 2006/03/07(火) 07:02:33|
  2. FF11:ヴァナライフ編
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

いろいろあったよ

PCの交換などがあり更新が遅れてしまったものの無事データの移動も完了!(サボっていたわけじゃないぞ)
というわけで、近況をまとめて報告!

<FFXI>
RMT業者が撲滅されたというニュースが流れて、高騰しつづけた物価も安定。うれしい限りである
この機を逃すまいと、LSのフレから450万ギル借金

バーミリオクロークついに買ってしまいました。

と、言う訳で今は借金返済のため金策、金策、金策!

さらに新しい召喚クエストもやってきたりして、レベル上げとはまた違う召喚士ライフを満喫中!
アトルガンがどうなるのか非常に楽しみ!!

<他のゲーム>
FFしかやっていないイメージの強い私ではあるものの、隙をうかがっては別のゲームをやっていたりもする。
でもって今やっているのはモンスターハンター2(ドス)だ。なんといっていいか、またオンラインゲームである。(これをやっていたから更新が遅れた)
モンスターハンターシリーズは1作目からすべてやっているけど、単調すぎる内容に前作のGはかなり飽きてしまい、正直今回の2はとても期待できたものではないと思っていた。2の購入は周囲が買うから自分も購入という感じであった。

だが、やってみると意外にそうでもない。

一部の敵などは前作からの再登場ではあるが、新しい世界新しい敵などが増え、前作・前々作をプレイした私でも新鮮な気持ちになった。
さらに弓や太刀など新しい武器も増え、狩りの幅も広がった。
また、季節と時間流れ(昼になったり夜になったり)によって出現する敵の種類や配置、さらにいけるマップが変化したりするのでそこを考えて行動するというところもまた面白い部分の1つではとも感じる。

まぁ、でもFFやラグナロクとは違いアクションゲームなのでマップの広さなどはまったく違うので注意!

<日常>
この前の3/4の土曜日、職場の人数名と一緒にあの秋葉原へ―
いきなり感想を言ってしまうが

いやぁ、ある意味恐ろしい場所だね。あそこは―

もともと、私たちの当初の目的は今話題になっているメイドメイドカフェがいったいどんなものか見に行く―ただそんな軽い気持ちだったのだ。

しかし、事態は徐々に変化していった。

駅を降りて、ロータリーで売り込みをしていたメイドに私と一緒にいた仕事場の人の何かがはじけたのだ。
そして、メイドカフェへ行きメイドと話して私らは当初の予定通り満喫して帰路につくことになったのだが―

何か、一部の職場の人の反応が行きとは違っておかしいのである。

ボーっとしながらため息ばかり

ハマってしまったのだ!

これがうわさの「萌え~」というやつなのだろうか!?

私もつまらなかったとは絶対にいえない。普段見られないものが見れたりと非常に1日を楽しみ、「秋葉原のメイドさん」というものを見れたことにとても満足している。

しかし― 
たった1日で人がこうも変わってしまうとは・・・

何度でも言おう

秋葉原はある意味恐ろしい場所である・・・





モンスターハンター2(ドス)の詳しいことは公式サイトでどうぞ↓
http://www.capcom.co.jp/monsterhunter/2/
  1. 2006/03/06(月) 16:28:02|
  2. FF11:その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

Nebelstern

02 | 2006/03 | 04
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

AccessCounter

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Search

Links

News


FC2レンタルサーバー

Tentori

Etc

Online Shop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。