Nebelstern’s MoNo

ヴァナ・ディールという厳しい社会にのんびりがんばる召喚士― たまにはこんな人もいていいのでは!?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

なくしそうだよね

久しぶりの更新でコンニチハ!
イロイロあってサボって休んでいたのでゴメンナサイ。
というわけで、スタート!

9/13ゲームボーイミクロとやらが発売! テレビのCMでもよくやってるのを目にする。

ミクロ!

欲しい! もの凄く欲しい!
特に、あのファミコンカラーが私に「おいでおいで」とささやきかけるのだ。
これをみている人の年齢がいくつなのかは分からないがファミコンは私がゲーム好きになるきっかけでもあり、今日のゲームテクニックの基礎でもあるのだ。のボディにはとても愛着があるのだ!!
そんなのでマリオをやったりしたら・・・ これはたまらんだろう・・・

しかし、考えてしまう点もチラホラ・・・

ゲームボーイミクロ、特にファミコンカラーは確かに魅力的だ。
だけどちょっと小さすぎではないだろうか?
原寸大の大きさの写真が雑誌に載っていたので私の持っているアドバンスSPを隣においてみたところ、やっぱり画面はSPより小さく見える
画面が小さいとそれだけ目を使うから長時間できない。それはそれでやりにくいのではないだろうか・・・?
さらにできるのはアドバンスのソフトだけらしく、ゲームボーイやゲームボーイカラーのソフトはできないとソフトも限られる。
携帯ゲームだからこそ持ち運びやすさなどを考慮するなら小さい方がいいのかもしれないけど・・・小型化しすぎるのもどうかと思う。
やりやすさ持ち運びやすさ、今の携帯ゲーム事情はどちらをとるべきなんだろうか? 売れる事は間違いないだろうけど・・・これからのユーザーの反応が楽しみでもある。

ゲームボーイミクロのホームページ
http://www.nintendo.co.jp/micro/index.html
スポンサーサイト
  1. 2005/08/31(水) 04:37:54|
  2. ゲーム(FF11以外)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

近況その2

祖母の告別式も無事終了。 悲しみを乗り越えたかどうかはかなり微妙なところですが、とりあえず元気出していってみることに。

<FFXI>
深刻な資金難で憧れのバーミリオクロークが買う事ができず悩みが絶えず(バーミリオクロークの値段は700万ギル。私の手持ちは18万ギル・・・);;
というわけで、錬金術を始めてみる事に。
スキル上げ+金策のため、クリスタルは今まで貯めておいたのを使い、必要な物は召喚士の力を使い自力で集めることに。当分レベル上げはオヤスミだな・・・
おかげで、ここ数日で錬金術のスキルは18に従弟まで昇格!
しかし、バーミリオクロークの道は遠い・・・

<ゲーム>
知ってる人は知ってると思うけど、みんなのGOLFオンライン10月31日をもってサービス終了に!!
今でも、FFの気分転換にやってるだけにサービス終了はかなり致命的!
オフゲーと違ってオンラインゲームにはこういう終わりがあるから実に残念である。
う~ん、メンテナンスの時に何をやろうか・・・
あと、知り合い宅で第3次スーパーロボット大戦αを見学。
毎度毎度の派手な演出に笑ったり、かっこよさに息を呑んだり・・・金があったら買ってみようかなという気もちょっと湧いてきたりするw

<日常>
訃報があるなし関係無く、FF(たまに寝落ちしてるけど・・・)や 女の子の前以外のところでは常にボーッとしている私。
しかし、最近はワイドショーや新聞を読んでみたり。
衆議院解散して、政治が面白くなったのでは?と私は思う。
ちなみに、私は無難な男周りの反応が怖いので詳しいコメントはあえて避けるけど、20歳以上の人は是非選挙に行ってみてはどうだろうか?
いや、行きなさい!

<おまけ>
近況という事でちょっとした告白を―
昨日、13日、祖母の火葬場の帰り悲しみにくれつつマイクロバスに乗っていると、ふと若いカップルの姿が。
うらやましいと思いつつ悲しい気分を紛らわそうとカップルを見てると、そのカップルの女の人のすごく揺れている事に気付き、驚愕! その一瞬だけ悲しみが吹き飛びました
今思えば、かなり不謹慎な事ではあるものの、その胸の大きい娘には少々の感謝を。
  1. 2005/08/14(日) 18:55:03|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

暑い夏の朝に・・・

いつもの悪ふざけの入ったタイトルとは違い、かなりシリアスなタイトルで始まった今回のNebelstern's MoNo...

なんと、私の祖母が6:50AM亡くなりました。
死因はうっ血性心不全というものだそうです。満92歳でした。
かなり、ぶっちゃけトークになってしまいますが、思春期の頃に私と祖母はあまり仲がよくなく、怒鳴りあいなんて日常茶飯事。ひどい時には殴りかかったりする事なんかもありました。
それがいつしか、祖母が痴呆にかかり遠くの老人ホームに入ってからあまり顔を合わせなくなると、なんと言うか私も私で悪かったなという気がして、いつしかわだかまりがなくなっていきました。
それから、2年・・・早すぎるといえば早すぎるのではと思います。

心情的には悲しいといえるかもしれません。しかし、あまりにも突然だったので正直、泣けないのが現実です。
葬式などは両親などが行うでしょうが、私は私が手伝える範囲の事を手伝おうと思ってます。泣くのはそれかに・・・

暑い夏の朝でした。
  1. 2005/08/10(水) 08:13:14|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FFできずにふてくされてみる

プレイオンラインのメンテナンスでFFができず少々ふてくされ中。
というわけで、今回はFFねたから大きく脱線。
オカルトについて少々。

私は、ヒゲの生えたオヤジの話す怖い話怪談が大好き!
ホラー映画なんかも好んでみたりする。
しかし、映画を見ても怖いとはあまり思えないのである。

まず、ジェイソンやらフレディやらに代表する海外のホラーは流血シーンなどが盛りだくさん。確かに怖いとは思うが、肝試しなどのそういった怖さではない。
言い換えれば、気持ちが悪いだけである。
だから、どちらかと言えば私はリングとか呪怨などに代表される、ジャパニーズホラーの方がまだ怖いともいえる。
だが、ジャパニーズホラーは怖いかもしれないがまだまだ私は恐れない
なんというか、リングにしろ呪怨にしろ映像化してしまったからこそ怖さを感じないのだ。
例えば(これは私だけかもしれないけど)、他人が自分に呪いをかけていたりする。
だが、それが真昼間に自分の目の前で堂々とやられていたとしたら怖いだろうか? 不気味さは感じても私は恐怖は感じない。
呪い等のそういった類の物は不気味さに加えて、目に見えないなどの五感を通して伝わる情報が少ないからものすごい恐怖に感じるのではないだろうか?
だからこそ、流血シーンなどの海外風のホラーよりも呪いとかを題材にしたジャパニーズホラーの方が少なくとも怖く感じるのではないだろうか?

私は映画などではなく、子供の頃などで学校で噂になったりするあの学校の怪談が怖いもののなかでもなかなかではないだろうかと思っている。
やはり、映画のように観て聞いてよりも、どこの誰がそして実際あったのかがまったく分からない聞くだけのあれの方が内心ビクビクしてしまうようにも感じられる。

もし、私を震え上がらせるような怖い話があったら募集したいものである。
流血とかではなく震え上がるような怖い話で・・・
  1. 2005/08/09(火) 03:31:11|
  2. 趣味
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

近況

いやあ、最近暑い日が続きパンツ一丁でいる事が増えてしまった。
↑のことはともかくとして近況

<FFXI>
召喚士のレベルが62になり、いよいよ召喚士としてだいぶ貫禄(?)が。
そして、念願の召喚士専用LSを発見! 参加!
Neb050804215533a.jpg
(プライバシー保護のため私以外の名前は隠してます)
とっても感動! 他にもLSにはいってるけどこっちはこっちで頑張ろうと心に決めた瞬間である。

あと、すごい些細な事だけど、初めて攻撃メインでPTに誘われることに!
いやぁ、本当に感動!!
前に書いたとおり、今までのPTでの役割は白魔道士の代用品
たまに、サポートでタイタンの大地の守りをやるものの、やっぱり大ダメージに憧れるというものw
召喚士でのMB(マジックバースト)は慣れるまでちょっと大変だったけどはいったら最高だった。
召喚士最高!!

<ムービー>
世間はスターウォーズ・エピソード3の上映でスターウォーズがヒートアップ。グッズなどがデパートなどでも多数販売されているのをよく見かける。
フッ、どこもかしこもスターウォーズ。ブームにのりおって・・・
と、言う事で私もエピソード4~6のDVDBOXとエピソード2のDVDを購入!

早速ブームにのりました。

スターウォーズシリーズは今までにも何度も見ていたけど、最新作を見る前に復習を兼ねてじっくり鑑賞。
完成度の高い作品に思わず、声も出ません。
まだ行っていない最新作がとてもとても見たい!!
しかし、金欠!
嗚呼・・・現実は甘くない;;

<その他>
最近、TVなんかをよく見てるとネズミがマスコットあのランド系列あのシーで新しいアトラクションがでたとか。
絶叫マシーン大好きな私はなんとしても乗りたいもののひとつ!
しかし、行けない。
小学生の頃だったら、その辺の男友達家族で行っても悪くはない。
しかし、今の私はバリバリの成人!
野郎達のみであのランドなんて行っても、メルヘンもファンタジーもあったもんじゃない!
やっぱり、彼女とが一番だよなぁ・・・
そういえば、あのランドのキャッチフレーズは

夢と魔法の王国
だったら、私に魔法でぜひ彼女を・・・

えっ、ダメ?

今の私にとっては入り口を通る事自体がまさに夢と魔法である;;
  1. 2005/08/07(日) 03:56:35|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

これまでやったオンライン

子供の頃にやったマリオが私のゲームライフの始まりであった・・・FFXIをやりつつふと思う。
子供の頃にこんなゲームが登場するなんて想像できただろうか? まぁ、そんな事を考える知能なんてあるわけない事は分かっているものの、やはりプラットホームが変わっていくたびにグラフィックの鮮明さ濃厚になっていくストーリーには毎度のように驚かせられるものである。

特にオンラインゲーム!

子供の頃に大人数でやるといったら、ゲームボーイを持ち寄ったり誰かの家に集結してやったり位しかなかったものだ。
それが、ネットがお茶の間に普及して自宅で、スルメイカを食べながら大人数でゲームができるなんて、本当に今は便利な世の中である!

私が始めてやったオンラインゲームはバイオハザードアウトブレイクだった。
今までのバイオといったら特殊部隊のメンバーが軍の人のような戦いのエキスパートのような連中揃いだったのに対し、ウェイトレス地下鉄職員と言ったいかにもゾンビの餌最有力候補の人たちが主人公なのがいいし、デッキブラシ包丁などの日用雑貨などが武器というところにも感動した!
ただ、オンラインゲームとしてはちょっとボリュームが足りなかったような気もしたのが残念だった。

次に手を染めた 始めたのはみんなのGOLFオンラインだった。
当時『みんなのGOLF4』にハマっていた私が、オンライン上ではどのくらいの実力なんだろうかと言う事がとても気になったのがきっかけで、いざやってみると私が井の中の蛙状態であった事に気付き、スランプに陥ったり自信喪失した事も・・・
まぁ、おかげでリアルでは最強の部類にまで成長したけど^^;

さらに、みんGOLとほぼ同時に始めたのがモンスターハンターだった。
これには特に忘れられない思い出があり、このゲームをバイト先の人に紹介したところ、ハマってしまって、私がネンネをしようとしたら突如電話がきて

「おい、やるぞ」

と、ヒトコト・・・結局朝まで強制参加なんて事もしょっちゅう! 生活リズムを悪くするまで楽しんだゲームであった。

そして今はFFXIを楽しんでやっているけど、今の私がどんな状況で楽しんでいるかは

あえて言いますまい。

そろそろ、プレイ時間100日達成する・・・そんな勢いなんだから・・・
  1. 2005/08/03(水) 06:28:35|
  2. ゲーム(FF11以外)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

私は召喚士!

割と久しぶりの更新!
別にサボっていたわけではありません!
私にも私なりの用というものがあるんだ!例えばスターウォーズのDVDを堪能したり、フラフラとその辺をうろついていたり
ま、まぁ更新が遅かった事はこの際おいておきましょう。
 
ここで言っていい事かどうかは分からないが、このブログは私のFFXIライフを中心とした色々な独り言を書いていくつもりだった。
しかし、過去のブログを見ていけばまともにFFXIに関して書いた事は・・・
うっはぁ、たったの1回!
喝! 実にけしからん!
いくら更新をサボっていたとはいえ これは怠慢もいいところ! 何とかせにゃ・・・

と、言うわけで今回は私のジョブ召喚士について書くことにする。

召喚士、FFをやっている人は結構お馴染みではないだろうか?
召喚獣という獣を呼び出して敵に大ダメージを与えたり、味方を援護したりするあのジョブであるが、FFXIの召喚士はちょっと違う
召喚獣を呼び出すまでは同じだが、その後で色々と命令するのだ。
ちょっとしたポケット〇ンスターみたいな感じだろう。
そんな召喚士だから、他力本願な私にはまさに天職!
召喚獣に戦わせて当の本人である私は遠くで命令したり隠れたり、そして敵を背後から殴ったり!(※全ての召喚士がそんな"ぐぅたら"ではありません。)

また、召喚士の楽しさは召喚獣自体にもある!
見るからに暑苦しそうなイフリート
セクシーなねぇちゃんシヴァ
セ〇ミストリートのキャラのように顔色の悪いラムウ
色々な個性を持った召喚獣が戦闘を激しく楽しく演出させてくれる!

ただ、悩みも尽きない・・・
白魔道士代用品として使う人が多くて、召喚獣を呼び出せない事もよくある。いや、大抵は白魔道士の代用品として呼ばれる事が多い・・・
その辺、今後改善されてほしいものである・・・
Neb050802060245a.jpg

  1. 2005/08/02(火) 07:13:59|
  2. FF11:その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

Nebelstern

07 | 2005/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

AccessCounter

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Search

Links

News


FC2レンタルサーバー

Tentori

Etc

Online Shop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。