Nebelstern’s MoNo

ヴァナ・ディールという厳しい社会にのんびりがんばる召喚士― たまにはこんな人もいていいのでは!?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

FFできずにふてくされてみる

プレイオンラインのメンテナンスでFFができず少々ふてくされ中。
というわけで、今回はFFねたから大きく脱線。
オカルトについて少々。

私は、ヒゲの生えたオヤジの話す怖い話怪談が大好き!
ホラー映画なんかも好んでみたりする。
しかし、映画を見ても怖いとはあまり思えないのである。

まず、ジェイソンやらフレディやらに代表する海外のホラーは流血シーンなどが盛りだくさん。確かに怖いとは思うが、肝試しなどのそういった怖さではない。
言い換えれば、気持ちが悪いだけである。
だから、どちらかと言えば私はリングとか呪怨などに代表される、ジャパニーズホラーの方がまだ怖いともいえる。
だが、ジャパニーズホラーは怖いかもしれないがまだまだ私は恐れない
なんというか、リングにしろ呪怨にしろ映像化してしまったからこそ怖さを感じないのだ。
例えば(これは私だけかもしれないけど)、他人が自分に呪いをかけていたりする。
だが、それが真昼間に自分の目の前で堂々とやられていたとしたら怖いだろうか? 不気味さは感じても私は恐怖は感じない。
呪い等のそういった類の物は不気味さに加えて、目に見えないなどの五感を通して伝わる情報が少ないからものすごい恐怖に感じるのではないだろうか?
だからこそ、流血シーンなどの海外風のホラーよりも呪いとかを題材にしたジャパニーズホラーの方が少なくとも怖く感じるのではないだろうか?

私は映画などではなく、子供の頃などで学校で噂になったりするあの学校の怪談が怖いもののなかでもなかなかではないだろうかと思っている。
やはり、映画のように観て聞いてよりも、どこの誰がそして実際あったのかがまったく分からない聞くだけのあれの方が内心ビクビクしてしまうようにも感じられる。

もし、私を震え上がらせるような怖い話があったら募集したいものである。
流血とかではなく震え上がるような怖い話で・・・
スポンサーサイト
  1. 2005/08/09(火) 03:31:11|
  2. 趣味
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

Nebelstern

09 | 2017/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

AccessCounter

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Search

Links

News


FC2レンタルサーバー

Tentori

Etc

Online Shop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。